ブログ

【眼精疲労】目の疲れはここの筋膜をゆるめるととても楽になります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北九州市八幡西区折尾の「肩こり・腰痛ケア専門」整体院 tete
理学療法士のイチケンです!

最近、目の疲れを訴えられる方を多く整体しています。

あなたは目、疲れていませんか?

おまけに、セットで首や肩のコリもありませんか?

首コリ、肩コリがある方は、目の疲れも併発しやすいようです。

スマホやパソコン、40代で始まると言われる老眼(近くの小さい文字が見にくくなったり、目のピント合わせに時間がかかったする)、慢性化した首や肩こりなどによる脳への血流量の低下で目への負担は増えていきます。

目は、物を見るためにピントを合わせる努力を常にしいられています。

その筋収縮を持続させるためには、たくさんの酸素と栄養素が必要です。

なので、目にはたくさんの血液が必要になってきます。

が、首コリ・肩コリが慢性化していたり、スマホやパソコン画面から出る強い光(ブルーライト光)の刺激により、目の疲労と酸欠、血流不足が重なり、目が重だるい、視野が暗い、視界が狭い、まぶたが重いなどのいわゆる眼精疲労が起こってきます。

これらの症状、あまりにも強い場合には眼科の受診が必要ですが、

ある場所の筋膜をほぐして、ゆるめることで、楽になる方が多くおられます。

整体は眼精疲労を解消する一つの選択肢になりえます。

それは、ズバリ、あたまです!

あたまと言っても、漠然としていますが、

あたまについている筋肉と筋膜です。そして、骨同士のかみ合わせ(頭蓋骨縫合)です。

特に、あたまの横側についている側頭筋とその筋膜や後ろ側についている後頭下筋群(頭から首についている筋肉)、目の周りの筋肉(眼輪筋・前頭筋)を中心にほぐして、ゆるめていきます。

さらに、頭の骨(頭蓋骨)には骨のかみ合わせ(縫合)があります。

その骨のかみ合わせ同士のすき間をゆるめる手技(クレニオセイクラルセラピー)も合わせて行っています。

お客様の中には、

視界が明るくなった

視野が広がった

目の周りが軽くなった

首や肩コリが楽になった

と言われる方がほとんどです。

なかなか、ご自分で硬くなったあたまの筋膜をゆるめることは難しいので、

当院のスタンダードコースに入っている頭蓋骨マッサージをご活用ください!

眼精疲労でお困りの方はもちろん

慢性化した、首や肩のコリでお困りの方にも効果的です。

あなたのその目の疲れ、頭が硬くなっているからかもしれない!と思われた方は

お気軽に当院にご連絡ください!

あなたのつらいその症状に頭蓋骨マッサージをご活用ください!

カラダに気づきと良い習慣を提供する
北九州市八幡西区折尾の「肩こり・腰痛ケア専門」整体院 tete
理学療法士のイチケンでした!

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

PAGE TOP